酒呑み親父のよもやま噺

探求心旺盛な酒呑み親父の随想録

遮断機

f:id:yomoyamayomoyama:20190407124405j:plain

昭和40年代の初めまで踏切の遮断機は人力で上げ下げされていた。
汽車が通る時間になると遮断機脇の小屋に待機している駅員が大きなハンドルを回して遮断機を下ろすのである。

その下ろし方が実にいい加減で,うまく下りていない時に汽車が見えたこともあったし,下りた遮断機の前で随分待たされたりもした。
時にはまだ間に合うから渡ってしまえと下りる遮断機をくぐることを勧められたこともあった。

遮断機を上げるタイミングもいい加減で,おそらく規定は会ったのだと思うが子どもの目から見ても適当に汽車が行き過ぎたら上げていたとしか思えない。

よく事故が起きなかったのだと感心するが人力の踏切にはほのぼのとした温かみがあった。
いつの間にか踏切は自動化された。

正確に上下する遮断機の前に立つとなんとなく寂しい気持ちになるのは何故なのだろうか。